駐車場経営・3つのノウハウで悠々自適な生活を!

車上あらしや鳥獣被害、無銭駐車など様々なトラブルがあることも知っておきましょう。

空いている土地があるのに、どうやって有効活用すればいいのか分からないという人も多いですよね。
土地を手放してしまうのはなんだかもったいないけれど、賃貸マンションを建てて大家になるのも手間がかかって大変そう。
そんな思いが頭を巡って、結局何もできないまま時間だけが過ぎてはいませんか。

そんな時には駐車場経営を始めてみてはいかがでしょうか。
駐車場経営は管理する手間も、物件を建設する資金もいらない低リスクの土地有効活用術です。

今、多くの土地所有者が駐車場経営によって楽に収入を得ています。
しかし駐車場経営には、知っておかなければならないノウハウが3つあります。
その3つを理解したうえで始めないと、大損をしてしまう可能性があるのです。
そこで駐車場経営に関する3つのノウハウをご紹介したいと思います。

まず1つ目のノウハウは駐車場にするべき土地かどうか見極めるという点です。
土地さえあれば何でもかんでも駐車場にしてしまえばいいというものではありません。
例えば人がいない山奥にいきなり駐車場を作ったって借りる人はいませんし住宅が少ない場所や周りにすでに多くの駐車場が存在している場合も
競争率が激しくなり顧客を集めるのが困難になってしまいます。
ですからまずその土地が駐車場にふさわしいのかどうかを見極める必要があるのです。

ではどういった土地が駐車場にふさわしいのでしょうか。
それは周りにマンションなどの集合住宅が多くライバルとなる駐車場が少ないのが理想的です。

2つ目のノウハウは月極めかコインパーキングかという事を見極めるという点です。
駐車場経営には主に二種類のタイプがあって、月単位で契約して賃料家賃を得る月極め駐車場と時間制で30分いくらという風に料金を課金するコインパーキングがあります。
それぞれの特徴としては、月極めは主に住宅街で利用されマンションやアパートに住んでいて、駐車場が足りないという顧客がターゲットになりますしコインパーキングは都心や駅の周辺で、自宅から駅までの距離が遠く公共交通機関を利用するのが面倒であったり不可能であるという顧客がターゲットとなります。
自分の所有している土地がどちらのタイプにふさわしいのか見極めより集客できる方を選択することが駐車場経営を成功させるポイントなのです。

そして最後のノウハウはトラブルについて知っておくという事です。
駐車場はあらゆるトラブルの宝庫と言っても過言ではありません。
なぜなら昼夜に問わず管理する人が不在状態でトラブルが起きやすい状況にあるからです。
管理がいらず手間がかからないというメリットがある半面トラブルが起きやすいというリスクがあることも頭に入れておかなければなりません。

良くあるトラブルの例として一番多いのは、車上あらしです。
昼夜を問わず人気が少ないような場所では、車上あらしが多発してしまう可能性があります。
もし車上あらしが頻発してしまえば、当然顧客は去っていってしまいます。
そこで車上あらしが起きやすい場所では、監視カメラの設置などで対策を採ってトラブルを未然に防ぐことが駐車場経営を成功させる鍵でもあります。

その他にも利用者間のトラブルや鳥獣被害、またコインパーキングでは悪質な無銭駐車なども起きてしまいます。
ありとあらゆるトラブルを知っておくことで突然のトラブル発生でもパニックに堕ちいらずに済みます。
落ち着いて的確な対応をするためにも、トラブルについてきちんと知識を得ておく事が大切です。

駐車場経営は成功すれば気楽に決まった収入を得られる理想的な土地活用術です。
自分が所有している土地を何か有効活用したいと考えているのならこれらのノウハウを踏まえて、駐車場経営で定期収入を得て悠々自適な生活を送ってみるのもいいですね。